目黒区保育園 | 双葉の園保育園

主な行事・創造力・制作

動く人形

                   


4月の制作教室のことです。

初めての制作の時間でしたので、子どもたちは少し緊張し、失敗したくないという気持ちが表れていました。

しかし制作は、失敗しても良いのです。むしろ失敗しなければ面白いものは出てきません。

「間違ったら大変だ―と思うでしょ・・・でもそんなことは何でもありません。

間違って切りたくないほうを切っちゃったらどうしましょう?」 とたずねると

、すぐに「くっつける」 「糊でくっつける」と元気な声が聞こえてきます。

そうです。間違う事は誰でもあります。

間違えないようによく話を聞くことは大切ですが、たとえ間違えても工夫次第で、どうにでもなることを学んで

もらいたいものです。

どうしよう・・・失敗しないかな・・・なにからやったらいいのかな??? と

いうような心配をして、何も出来ないのはとてもかわいそうです。

子どもたちが何を考え何をしようとしていたのか、制作の過程、心の動きを感じてあげたい。


そして絵や造形活動には自由と自信が必要です。

他の人の評価や思惑などを気にする必要はありません。

絵や制作などの造形活動には、他の子と比較したり優劣をつけるべきではありません。

その子の成長の過程を見て共に喜んでいただきたいものです。


制作教室、

園長 西 大記 (画家、第14回昭和会賞、第2回リキテックス・ビエンナーレ展・ビ二―&スミス賞、

           デヴィッド・テニールス記念展秀作賞、 第18回安田火災美術財団奨励賞展秀作賞、

           平成13年度文化庁派遣芸術家在外研修員、二紀会会員、武蔵野美術学園非常勤講師)