目黒区保育園 | 双葉の園保育園

ごあいさつ

双葉の園の創立の頃から

 双葉の園の創立には、1923年の関東大震災が深くかかわっています。
 双葉の園の初代理事長であった本田トヨは、関東大震災の際に、震災の直後から救助と支援に奔走し、翌年の3月まで毎日支援活動を続けていました。その後は、大変な不景気で、生活できない人々が遊郭に娘を売るという時代になりました。そこで、本田トヨは、キリスト教婦人矯風会の人々と共に、遊郭から逃げ出した娘達を保護し、こういう人たちを救いだす運動をはじめ、暴力団や遊郭の楼主との交渉などいろいろ面倒な事に取り組みました。その頃の話は、初期の社会福祉関係者の間では名高く語り伝えられています。
ここから始まった運動に共感する人たちと始めたのが、婦人生活文化協会で、1931年に家庭学校(通称、花嫁学校)と授産・購買組合、それに付属の双葉の園幼稚園を創設しました。
 婦人生活文化という名称は、すこし大げさな気がしていましたが、2代前の理事長、本田早苗(本田トヨの長男)が、「もう、法人の名前を変えよう。」と、しわがれ声で云いながら、この名称について話してくれました。「おふくろは、保育園の経営よりももっと大きな構想を持っていた。婦人生活文化協会という名称は子どもから老人までの女性に関わる大きな事業になるはずだったんだが、おふくろは、母子福祉に関わる人たちの中でも、特に発言力があって行動的な人だったから、婦人生活文化協会の構想を持ちながら、もっと大きくその理想を実現しようとして、国政に働き掛けた。(母子保護連盟、未亡人連盟という組織を結成し、遺家族、罹災者、失業者、150万人の戦争未亡人の生活安定、子女の教育等に力を尽くした。)1948年には児童福祉法が制定されたが、これは、おふくろが大いに働いたおかげだよ。
しかし、今では経営しているのは保育園だけだからな・・・。婦人生活文化協会という名前は実態と合わないよ。」というわけで、法人の名前は、保育園とおなじ「双葉の園」になりました。
 双葉の園は創立86周年を迎えましたが、最近10数年で保育と保育を取り巻く環境が大きく変わってきました。以前は将来の少子化が懸念されていましたが、近頃は、待機児童の問題、幼保の一体化、総合子ども園構想などが出て来て、目黒区でも毎年のように新設園が出来ました。
 双葉の園も、園の飛び地を活用して新しく野のゆり保育園を新設しました。定員46人の小さい保育園です。

◎ 1931年当時の規約には、
一、家庭学校、  (日課ヲ定メ料理、家庭療法、和洋裁、編物、生花、手芸等ノ教授)
二、授産ト購買組合(収入ヲ増シ支出ヲ減ジ以テ倹約ヲ奨励ス)
三、《 隣保事業  双葉ノ園ハ学齢以下ノ幼児ノ基礎教育ニアタル。》とあります。

 私たちは、どのように社会と保育を取り巻く状況がが変化しようとも弱い立場の人たちを援助しようと理想をもって闘った創始者たちの思いと志を受け継いでいきたいと願っています。

                       園長 西 大記

園について
名称 社会福祉法人双葉の園 双葉の園保育園
所在地 〒153-0044
東京都目黒区大橋2-16-6
TEL 03-3465-0270
FAX03-3465-7305
創立者本田 トヨ

キリスト教婦人矯風会会員・全国母子保護連盟
(現・全国社会福祉協議会母子福祉部会)初代会長
【アクセスマップ】